食材宅配サービスで高齢者向けや療養食にも対応しているところは?

食材宅配サービスで高齢者向けや療養食にも対応しているところは

高齢者向けの食事や療養食として食材宅配サービスを利用している家庭もあります。現役世代だけではなく、介護食や療養食としても使える調理キットや宅配食品のサービスも増えています。

サービスの種類の違いや、選び方のポイントなどをまとめてみます。

介護向けの食事サービスの種類

配食サービス

給食のように完成したお弁当を毎日配達してくれるサービスです。 利用する人の状況に合わせて塩分控えめやカロリーの調節などをしたメニューもあります。

咀嚼が弱くなっている方向けのやわらかメニューもあります。

自分で調理する必要がないので、調理が苦手な方や難しい人に利用されています。

食材宅配サービス

調理前の食材が届くサービスです。献立に合わせて食材のキットが届くものもあります。基本的には自分で調理をして食事をする者です。

お料理自体は嫌いではないもしくは調理できる状態の人で、買い出しそのものが面倒、または困難な場合に利用されています。

会食サービス

ボランティアさんがお料理をしに来てくれて、一緒に食事もしてくれるサービスです。

配食サービスのように食べ物だけが届くのではなく、話し相手になってくれる人も来てくれるので楽しく食事をすることができます。

介護食品

レトルト状になっていて市販されている食品です。

加齢とともに噛む力が弱くなった高齢者や、歯の治療中なので噛むことが難しい人向けの食品です。噛む力の度合いにより4種類の硬さの食品があります。

日本介護食品協議会が制定した規格があり、その区分に従って販売されています。

配食サービスと食材宅配サービスの違い

調理済みの食事が届く

自分でお料理をする手間がありません。料理をする習慣のなかった人におすすめです。料理をする家族を亡くした単身高齢者や、調理自体が難しくなった人は配食サービスの方が利用しやすいです。

配達が毎日ある

食材宅配サービスは、週に1度程度の配達でまとめて食材が届きます。配食サービスの場合は調理済みのご飯を届けてくれるので、 ほぼ毎日配達があります。食品の容器をその都度返却するものもあります。

食事をする人数で注文する

配食サービスの場合お弁当のような形で届くため、必要な人数分で注文をすることが多いです。食材宅配サービスの場合は、材料ベースなので何人で食事をするかは決めておく必要はありません。

補助金が使える

介護のために利用する場合、配食サービスなら補助金が使えるものもあります。食材宅配サービスでは補助金が使えないため、介護目的なら配食サービスを利用している人の方が多いです。

食材宅配サービスを利用する人の特徴

調理は自分でしたい

配食サービスを利用してしまうと調理済みのものが届くので、自分好みの味付けにすることができません。お料理をすること自体が楽しい人にとっては、材料だけが届く食材宅配サービスの方が向いています。

買い出しが面倒

食材宅配サービスを選んでいる人は、その理由として買い出しが面倒だったからと答える人が多いです。スーパーが近所に無い場合はもちろん、食材の買い出しは重たい物を運ばなくてはいけないので高齢者にとっては大変な作業です。

天気が悪い日でも自宅まで届けてくれる食材宅配サービスなら、重たいものでも玄関まで運んでくれてとても便利です。 

介護・療養食に対応した配食サービス

宅配クック123

高齢者配食サービス「ライフデリ」

高齢者向け配食サービスまごころ弁当

ワタミの宅食 

食宅便

ウェルネスダイニング

ヨシケイ

タイトルとURLをコピーしました